【目標達成】セミナー講師になるまでの珍道中!

元高校教師が人材教育の世界にチャレンジし、セミナー講師としての独立を目指します。

転職検討中の人に読んで欲しい。転職経験者が語る転職前にやっておくべきこと。

みなさん、おはようございます!

今日も早起き成功の百太郎です!

 

今日は昨日の記事にも書きましたが、朝起きてすることの準備をしておいたので、目覚めから行動までがとてもスムーズでした。

具体的に何をしたかというと、単に着替えを枕元に置いただけなんですけどね笑

これだけでも、サッっと行動に移れて、15分は短縮できました。

 

www.openthenewworld100.com

 

 

www.openthenewworld100.com

 

 

さて、今日は転職経験者である私が転職前にしていた方がよかったと思う事をお伝えしたいとおもいます。

四月のこの時期は、新しい年度が始まり、やる気に溢れている人も、昨年度からあまり状況が変わらず悩んでいる人もいらっしゃるかと思います。

また、新入社員の方の中には、もうすでに、入社前のイメージと大きくかけ離れ、辞めたい気分が出始めている方もおられると思います。

そこで、転職経験者である私が、転職前にやっておいてよかったこと、またやっておけばよかったことを紹介したいと思います。

 

転職後の成功をイメージする

これは私がやっておいていちばん良かったと思えることです!

転職を考えている人は、それそれに現状に対する不満や不安を抱えている、もしくはお大きな目標を持っていると思います。

転職を考える理由に、良いも悪いもないので、今が嫌だから辞めたいでも、やりたい方向に進みたいでも良いと思います。

しかし、大切なことは、どういう状態になっていれば、転職が成功なのかをしっかりと持っておくことが大切です。成功のイメージを持つことで転職活動の方向性も決めやすく、時間をロスすることがありません。

あなたは何を求めて転職を考えますか?

年収アップでしょうか?時間的余裕でしょうか?会社のブランド力でしょうか?

それとも、会社内の人間関係から逃れることでしょうか?

私の場合は、自分が将来、人材教育の分野で独立をするために、学生ではなく社会人の教育に携わりたいという思いと、生活の中での時間的余裕を手に入れたいという二つの目標を持って転職をしました。

まず、時間的余裕はかなり生まれていますので、この点においては今回の転職は成功です。また、人材教育に関しては、徐々にそちらに携わる機会も増えてきているので、まぁまぁ成功に向かいつつあるかなという感じです。

今、転職を考えている人は、ぜひ一度考えてみて下さい。考えてみると、以外と今の会社がよかったなんて思うこともあります。

f:id:openthenewworld100:20180322220729j:plain

退職前に次の職を決める

これは、当たり前かもしれませんね。

でも、実は私は退職してから次の仕事を探しました。大失敗だったと思っています。

なぜなら、在職中には一切の時間的余裕がなく、就職活動ができなかったからです。

それと、もう一つは、ある程度すぐに決まるだろうと甘く見ていたからです。

実際には、退職後約二ヶ月で仕事が決まったので生活的にはそこまで困りませんでしたが、やはり決まるかどうかの時間が長くなればなるほど、不安な気持ちはどんどん大きくなってきます。書類だけで落とされたりすると、今の自分にはどうしようもない感が心の中に生まれてきます。

f:id:openthenewworld100:20180317080710j:plain

今の職場からすぐにでも逃れないといけないという人以外は、できるだけ次の職を決めてからの退職をお勧めします。

 

資格、数的な自己評価を集める

これは、現在人事に関わる仕事をしていて思うことですが、転職希望者と企業が初めて持つ接点は多くの場合、エントリーシートや履歴書といったものになります。

この時に目がいくのは、資格であったり数的にわかるその人の自己評価です。

例えば、「英語ができます」、というよりは「TOIEC750点」や、「売上増加に貢献」ではなく「前年度〇〇円の売上を120%に増加させました」となっている方が、わかりやすく、良い評価がつきやすいです。

f:id:openthenewworld100:20180407210504j:plain

今の自分が履歴書等にかけるものがいくつあるか数えて見てください。実際に自分の履歴書を作ってみるのもいいかもしれません。自分の会社員としての価値が今の評価とあっているかどうかも見えてくるかもしれません。

また、今からでも資格取得の準備をして見てはいかがでしょうか。

 

公的機関の活用法を知っておく

これは特にハローワーク関係になりますが、退職をして無職の期間ができると失業保険等の手当が受けられたりします。

この手当等は求めないともらえないものであるので、自分が知っておかないと請求できません。

実際、私の会社にもこの制度を知っていて得をした人と、同じ条件でも手当がもらえなかった人がいます。

自分が無職の期間ができたら、どんな手続きが必要か、時間のある時に調べておいた方がいいでしょう!

 

まとめ

いますぐに辞めなければ、健康衛生上よくないという人を除き軽はずみに退職を考えることはオススメしません。

転職して失敗だと思わないために、少し時間をとって自分のこと、また周りの環境等を見直してみてはいかがでしょうか!?

以外と今いる環境が良かったことの気がつくかもしれませんし、改めて転職へのモチベーションが上がってうるかもしれません。

 

少しでも参考にしていただければとおもいます。