【目標達成】セミナー講師になるまでの珍道中!

元高校教師が人材教育の世界にチャレンジし、セミナー講師としての独立を目指します。

【ジャム理論】シンプルな生活は目標達成への近道か!?ストレスを抱える人は選択を減らしてみては?

みなさんこんにちは!百太郎です。

 

今日は暖かい1日でした。

暖かくなってくると装いも変わって来ますよね。新しい春物の服を買おうかなーなんて思っている人もいると思います。服屋さんにいくとどんどん目移りしていしまいますよね!?

それって実はかなりのエネルギーロスであり、かなりのストレスなんです。

今日はそんなお話です。

 

ジャム理論

f:id:openthenewworld100:20180312211023j:plain

ジャム理論という有名な実験があります。

選択肢の多さが消費者にどのような影響を与えるかという実験です。

 

内容は、スーパーの試食コーナーに24種類のジャムをおいた時と6種類のジャムをおいた時の消費者の行動の変化をみるというものです。

 

実験経過

みなさん、この実験の結果はどうなったと思います?

 

この実験の途中経過としてのデータは、どちらが多く試食したかということなんですが、試食した割合は次のような結果になりました。

 

24種類のジャムをおいた試食コーナー

来場者の約60%が試食コーナーに立ち寄る

 

6種類のジャムをおいた試食コーナー

来場者の約40%が試食コーナーに立ち寄る

 

という結果になりました。

すなわち、豊富な品そろえをしたほうが試食コーナへは多くの人を引きこむことができたという結果です。

 

最終結果

しかしながら、最終的な購入した割合を見てみると、その結果には大きな差が生まれます。

24種類のジャムをおいた試食コーナー

試食コーナーのい立ち寄った人のうち、3%の人が購入

 

6種類のジャムをおいた試食コーナー

試食コーナーに立ち寄った人のうち、30%が購入

 

という結果になりました。

100人の来場者があったとすると、24種類の方は約2人が購入したことになります。それに対して6種類の方は約12人が購入したことになります。

 

その差はなんと6倍!!

 

ジャム理論が証明すること

f:id:openthenewworld100:20180312211210j:plain

「人は選択肢が多すぎると、選択することそのものを放棄してしまう」ということです。

人には情報を処理する限界があり、選択肢が多すぎると考えるこすらできなくなってしまうということです。

 

「決断疲れ」がミスジャッジを引き起こす

 

スーパーなどで買い物をした後、思わずレジ横にあるなんでもない商品に手を出してしまい、家に帰ってからどうして欲しくなったのかわからない経験ってしたことないですか??

他には、ラーメン屋さんで細かいトッピングのメニューがありすぎて、迷った挙句、全部のせ!を頼んでしまった後に、「あれ、俺、ネギそんなに好きじゃなかったのに」とか。

こんな現象は、たくさんの選択肢を与えれたり、選択を迫られる機会が多くなったりすることで、脳の中で決断疲れが発生しているからです。

これが、レジ横の商品に手を出すような、簡単なものだけなら問題は小さいですが、この決断疲れは日常の大切な場面でも発生しているんです。

 

重要な選択にエネルギーを残す

多くの成功者たちは重要な選択にエネルギーを残すために、日常の中の些細な選択を極力削除するようにしています。

例えば、オバマ元大統領は自分が着るスーツの色をグレーか青と決めていました。

他にもスティーブン・ジョブスさんも同じ服ばかり着ていた」ことは有名ですね。

 

私たちは日常の中で、いつの間にか選択肢を増やしています。

観るかどうかもわからないドラマを録画して見たり、不必要な情報を得るためにセットサーフィンをして見たり。

はたまた、買ったのに袖を通していない服なんてのも、選択肢を増やしている要因になっていますよね。

 

物を多く持ったり、情報を多く手に入れたりすることでストレスを発散しているという方もいると思いますが、いざ、そのものや情報を使おうとすると、発散したストレスよりも多くのストレスを感じてしまっているのかもそれません。

 

今日からできるシンプル生活

  • 一週間のコーディネートを決めてしまう!
  • 毎日の行動はルーティン化する!
  • 予定表を作りその通りに行動する!
  • 身の回りにある無駄を捨て去る!
  • 悩んだらやめると決める!

「決断疲れ」を起こす前に、選択肢を狭めてあげると、本来あなたが選択しなければならないことに集中できるようになるはずです。

 

上の5つはここ二週間、私が実践していることです。

Yシャツとネクタイ、スーツの組み合わせは決定しました。

ジムへ行く曜日を決め、ブログを書く時間も決めました。

色々な選択を減らして行くことで、寝る前の疲労感は大きく減ったように感じるのと、次の行動を考えている時間がなくなり、ダラダラしたり、その場の雰囲気に流されることが減りました。

 

毎日の生活に、少し疲れを感じているなら、身の回りの選択を減らして見てはいかがでしょうか!?

 

でも、このブログを読むことは減らさないでね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます!!