【目標達成】セミナー講師になるまでの珍道中!

元高校教師が人材教育の世界にチャレンジし、セミナー講師としての独立を目指します。

【組織作り】ひとりの影響力を理解する。あなたの一言で組織は変わる。

 みなさん、こんにちは!百太郎(ももたろう)です。

 

これまで二月に入ってから毎日書き続けていたブログですが、昨日、ついに途切れてしましました。

 

急きょ仕事が伸びたこと、職場の若手から相談が入り、話をきいているといつの間にやら日付が変わって・・・っていうのが言い訳です。

 

また、今日から毎日書き続けたいと思います。

毎日書くということが自分への信頼貯金だとおもっているので、少し信頼を引き出してしましましたが、またまたコツコツためていきます!

 

今日は、前回に続き私が教員時代に組織つくりのために、実際にやっていたホームルームをご紹介したいと思います。

このホームルームは「一人の発言(無言)が周りに影響を与える」ということを体感してもらうことが狙いです。

f:id:openthenewworld100:20180221210955j:plain

 

 

私がやったホームルーム

若干の仕込みが必要ですが、やってみる価値は十分にあると思います。

やり方

クラスをいくつかのグループに分けます。各グループには数分で簡単にできる作業を同じ系統の2種類の作業をしてもらいます。

作業中は話をしてもいいし、協力してもいいとします。

1つ目の作業がひと段落したら、次はもう1種類の作業へと移ります。

この時、改めてグループを作り直してもいいですし、そのままでもいいです。

 

仕掛け

他の子たちにはわからないように、各グループ一人ずつ作業の前に仕掛人を作ります。1つ目の作業をする時の仕掛人への指示の内容は、「作業を始める前に、一言、めんどくさーって言う」だけです。

2つ目の作業をする時の仕掛人への指示は「作業を始める前に、一言、がんばってやっちゃお!って言う」だけです。 

ここまでが、仕掛です。

ここからはだれも仕掛人はいません。

 

フィードバック

この後、子どもたちに、2つの作業をしたあとの感想を聞きます。

すると不思議なことに、一つ目の作業のほうが面倒くさく感じたと発言する子が多くなります。

ここで、二つの作業の違いを分析していきます。難易度も作業量もほぼ同じなのに、面倒だと感じた原因を自分たちで探ってもらいます。

この時になかなか答えが出ないときもありますが、そこは腕の見せ所、子どもたちの視点をうまく仕掛人の発言のほうに向けていきます。

そうすると、子どもたちの中から、自然と「面倒だ」といった一言にその場の雰囲気がネガティブな方向へ引っ張られ、「頑張ろう!」の一言で、作業自体が受け入れやすくなったという答えが出てきます。

 

このあたりで、実は仕掛人がいて、わざと一言でみんなの雰囲気を誘導したんだということを種明かしします。 

この体験をしてもらうことで、どんな小さな発言であっても、その場の人たちに影響を与えるんだということを実感してもらえます。

 

 

もう一捻り

じゃあ、クラスのルールは何にする?って聞くと、「ネガティブな発言は禁止!」をルールに入れようという話になっていきます。

アファメーションや言葉の力を意識するようになってからは、ここからもう一捻りするようになりました。

 

それは、ネガティブワードを使わずにルールを作るというひねりです。

「禁止」とか、「ネガティブ」とかの言葉を使わず、同じ意味のイメージを持たせられるワードに変えてもらいます。

グループごとに考えさせて発表し、1番しっかりくる言葉を選びます。

例えば、【「ワクワクワード」を積極的に使おう!】とか。

ここまでやると、みんなが自分のルールとして意識してくれるようになります。

 

ここまでで1時間のホームルームです。

これだけの時間をかけて、一つのルールを染み込ませます。

それくらい組織の雰囲気作りが大切だと思うからです。

組織は人が集まってできます。

その集まりの中でどんな空気を醸成するかで、シナジーを生み出す組織になるかどうかが左右されると思うからです。どの雰囲気はリーダーや教師だけが作り出すものでは無く、参加者全員ので作るんだよっていうことを知ってもらいたいからです。

私の一言ぐらいで、誰にも迷惑かけないでしょっていう感覚を無くしてくれることが、本当に大切だと思います。

 

 

大人にも使える? 

学級を対象に書いていますが、大人も同じことが言えると思います。

人を集め、肩書きをつけて役割を決めても、その集団の中に何かを生み出す雰囲気がないと、効果的な組織にはならないのではないのでしょうか。

 

じゃあ、どうやって良い雰囲気を創り出すか!?

ネガティブ要素を出来るだけ持ち込まない環境を作り上げることが大切だと思います!

人は思考は、ポジティブな意識は伝染しにくいですが、ネガティブな意識はあっという間に伝染します。それなばできるだけ伝染する元を持ち込まないように気をつけることが大事ですよね。

その鍵を握っているのは、誰でも無く、あなたの一言です!

 

みなさんの所属する組織が少しでも、シナジーを生み出せるポジティブな組織になる手助けになれればと思います!

 

よかったら、読者になってください。またはブックマークお願いしまーす!